• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

運転者限定特約を利用して任意保険を安くする

クルマの任意保険を安くする方法は幾つかありますが、ほとんどの任意保険で利用できる運転者限定特約について紹介しましょう。

運転者限定特約とは、被保険自動車のドライバーを限定してしまう特約のことです。だれでも運転出来るクルマより、運転できる人が限られるクルマほうが事故リスクは低くなります。そこでほとんどの自家用車では、運転者限定特約をつけて、保険料を割安にしているのです。任意保険の一括見積を利用する場合、見積条件の設定画面で、運転者を限定するかどうかを聞いてくるところがありますので、自分の利用環境にあわせて運転者限定をすると良いでしょう。

運転者限定特約は、基本的に以下の3種類の限定パターンがあります。

・運転者本人限定
・運転者家族限定
・運転者本人・配偶者限定


なお運転者を限定しない場合は、「限定ナシ」を選択することになります。

■運転者家族限定特約

運転者家族限定特約は、被保険車両を運転できる者を家族に限定する特約です。ただし任意保険で指定される家族は、本人と配偶者のほか、同居している親族と別居している未婚の子までとなります。つまり結婚して家を出ている子どもは、家族に含まれません。ですから、結婚して独立している息子が、家族限定特約をつけている実家のクルマを運転して、万一事故を起こした場合は、補償されませんので注意が必要です。

また保険会社によっては、「別居している未婚の子」について、一度でも婚姻経験のある子の場合は家族限定に含まれないという解釈をするものもありますので、ここも要注意です。

■運転者本人・配偶者限定特約

運転者を記名被保険者とその配偶者に限定したもので、同居親族がおらず、子どももまだ小さい家庭では、このパターンを選んでおくと良いでしょう。保険料も割安になります。

■運転者本人限定特約

クルマを運転できるのが記名被保険者のみというもので、3つのパターのなかで保険料はいちばん安くおさえられます。なお保険会社によっては、本人のみに限定出来るメニューがなく、本人・配偶者限定までしか対応していない場合もあります。

独身の方なら、本人限定が選択できる任意保険を選んでおくと、保険料をグッとおさえることができて良いでしょう。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック