• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

早めに契約をして任意保険を安くする

通販タイプの任意保険は、多くの場合、保険開始期間の1ヶ月前や45日前に保険契約の申し込みを済ませておくと、保険料が割引かれて安くなる場合があります。保険会社によって割引名は違いますが、たとえばソニー損保の場合だと「お早め契約割引」ですし、アメリカンホームは「お早め割引サービス」、イーデザイン損保の場合だと「早期契約割引」といった名目で各社用意しています。

では代理店経由で契約するタイプの任意保険はどうかというと、キャンペーンなどに組み込まれている場合を除くと、早期に契約を申し込むことによる割引制度は特に設けられていません。早めに契約して保険料を安くできるのは、通販タイプの任意保険のみと考えておくと良いでしょう。
(ただし代理店型の任意保険でも、早期継続の案内を行なっており、更新漏れを防止するために、更新バックアップを設定できることをアピールしている保険会社もあります)

通販タイプの早期契約割引で、どのぐらい保険料が安くなるかというと、割引率、割引額は各社で異なりますし、割引が適用されるために一定の条件がある保険会社もありますので、あらかじめ個別に確認しておく必要があります。

ちなみに、アメリカンホームの「お早め割引サービス」では、満期日の45日前に申し込むことで、新規契約の方は5%割引が適用され、継続更新の方は2%割引となります。ただし、割引適用条件として前年度が無事故であることと、等級が7等級以上であることが条件となります。

またソニー損保の「お早め契約割引」では、割引率ではなくて、一律1000円引きとなります。またソニー損保の「お早め契約割引」は、すでにソニーで契約している方が、新たに別のクルマ(同一名義)をソニーで契約するという場合に、「2台目割引」と合わせて適用されますので、ちょっと特殊なパターンです。

このように満期日前、単純に、早めに契約申し込みすれば、無条件で保険料が安くなるというわけではありませんので、利用予定の任意保険ごとに調べておくようにしてください。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック