• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

一括見積もりサービスを利用すると任意保険が安くなる

任意保険を検討する場合、保険会社ごとのロードサービスや補償範囲などをホームページで確認することになりますが、問題は保険料がどれぐらい違ってくるかという点です。保険料の見積もりは、各保険会社のウェブサイトから行うこともできますが、複数の見積もりを、それぞれのウェブサイトでとっていては、時間も手間もかかってしまいます。そこで、活用していただきたいのが、今では多くの方が利用している一括見積もりサービスです。

「見積もり比較とか言っているけれど、自動車保険など、どこで見積もりをとっても同じなのでは」と考えている方もいると思います。たしかに保険の自由化以前は、どこの任意保険を選んでも大差はありませんでした。でも今は、保険料の計算は、保険会社の裁量を差し込む余地が増えたことから、むかしのように、どこで見積もって大差なしという時代ではなくなりました。

また同じ通販型の任意保険でも、リスク細分の内容や、等級による保険料の設定が異なることから、見積もりをとってみると、意外に差が出ることが分かると思います。こうした違いは年払い保険料で見ていくと特に実感出来るはずです。

任意保険の保険料を正しく比較して、少しでも支出の節約につなげていきたいと考えるなら、一括見積もりサービスを利用して、保険料をシビアに見てみることが大事です。

一括見積もりサービスを利用する際に、手元に用意しておくものは、免許証と車検証、そして現在加入している任意保険がある方はその証券も用意しておくと便利です。

見積もり比較の段階では、厳密に補償内容を確定する必要はなく、同じ条件で見積もりして、どこの保険会社の見積もりが安くなるかを見ていくわけですから、面倒なら現在加入している任意保険の補償内容をそのまま入力して比較してみても良いわけです。保険証券には現在のノンフリート等級も記載されていますので、用意しておくと手早く作業を進めることができるというわけです。

ほとんど保険会社の見積もりは、すぐに反映されますので、一度も使ったことがない方はぜひ試してみてください。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック