• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

任意保険とは

任意保険とは、交通事故を起こした際の被害者補償を目的とした、いわゆる自賠責保険(自動車賠償責任保険)で賄い切れない賠償額を補完するために加入するのが一般的となっている自動車の保険です。

交通事故を起こした場合の賠償額は少ない場合でも数百万円単位となることが多く、万一相手を死亡させてしまった場合や、後遺障害を残すようなことになると、数千万円や億単位の賠償額を課せられることもあります。
運転する機会は少ないし、自賠責には加入しているから、余程大きな事故を起こさない限り何とかなるのではというのは、あまりにも都合が良すぎます。

また自賠責保険だけでは、自分が交通事故の被害者で重い後遺症が残ってしまったとしても、相手方が任意保険に加入していなければ、賠償金を受け取れる見込みがたたないということもあります。

安全運転を心がけている方でも、クルマを運転している限り100%事故に巻き込まれないということはあり得ません。相手のためにも、また自分を守るためにも、任意保険に加入しておくということは最低限のルールと言えるものです。

■任意保険の保険料は決して高いものではない

車検時に更新する自賠責保険と違って、任意保険は毎年更新します。保険料は基本的に車種や年式などによって変わりますが、その支払い方法は年一括払い以外に月払いも選べますから、保険料の負担が重くて加入できないというものではありません。より保険料をおさえたいと言うのなら、通販タイプの任意保険を含めて見積もり比較をすると、安い任意保険をさがすことができます。節約のために任意保険無しで通しているなどということはやめたほうが良いでしょう。

■一見複雑に思える任意保険も基本は3つの保険で構成されている

任意保険は幾つかの種類の保険で構成されているので、生命保険などと比べて、はじめは少しとっつきにくい感じがするかも知れません。しかしその中身をよく見ると、傷害保険の種類が多いだけですから、決して複雑なものではありません。
ここではその種類について簡単に整理しておきましょう。

任意保険を構成している保険は、大きく3つに分かれます。

1.賠償責任保険
賠償責任保険は、相手に与えた損害(対人と対物)を補償する保険で、現在の任意保険では無制限補償が一般的です。
賠償責任保険は「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の2つの保険から成っています。

2.傷害保険
傷害保険は、運転者と同乗者のケガをしてしまった場合、また死亡してしまった場合の保険で、入院・通院の補償から、死亡による逸失利益や、ケガによって仕事ができなくなった際の休業損害も補償されます。
傷害保険には「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」「無保険車傷害保険」と「人身傷害補償保険」の4つの保険がありますが、これら4つすべての保険を検討するというわけではありません。たとえば「自損事故保険」と「無保険車傷害保険」は、「対物賠償保険」に加入すると自動セットされる保険ですから、実際に検討するのは「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償保険」の2つだけです。

3.車両保険
車両保険は、被保険車両(自分のクルマ)の損害を補償する保険です。

保険料を節約するために付けない方もいますが、補償範囲を限定することもできます。ただし運転経験の浅い方や新車の場合は、補償範囲の広い一般車両保険をつけておくのがおすすめです。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック