• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

自賠責保険だけではダメなの?

自賠責保険は、自動車損害賠償責任保険の略称で、自動車損害賠償保障法によって、すべての車、バイク、そして原動機付自転車に加入が義務づけられている「強制保険」です。

自賠責保険に未加入のままクルマを運転すると、1年以下の懲役、50万円以下の罰金、交通違反減点6点の処分を受けることになりますが、自賠責保険加入証明書をクルマに付けずに運転した場合も30万円以下の罰金が課せられます。

自賠責保険に加入していれば、減点や罰金を課せられることはありませんが、自賠責保険の補償内容は限定的なものですから、補償を上積みするために任意保険に加入することが常識となっています。
クルマを運転する方は、自賠責保険にしか加入していない場合、どのようなリスクがあるかを理解しておく必要があります。

■自賠責保険には対物補償がない

自賠責保険は、人身事故にのみ保険金が支払われる保険です。もし自賠責保険にしか加入していないで、対物事故を起こしてしまうと、その損害賠償金は全額自己負担となります。

たとえば停車中のクルマが誤って急発進して店舗などに激突する事故がありますが、このような物損事故では店舗の修復費用はもとより、廃棄しなければならなくなった商品の損害や休業によって生じる営業上の損失をすべて補償しなければならなくなります。死傷者が出なかったとしても、自賠責保険にしか入っていなければ、これらの損害をすべて自己資金で負担することになるのです。

また人身事故の場合でも、自賠責保険では、示談交渉は自身で行うことになります。自分ひとりで対応出来ない案件は、費用を負担して弁護士に示談交渉を依頼するしかありません。

■自賠責保険だけでは逸失利益すら補填できないことも

自賠責保険の保険金額は、1事故1名につき、死亡3000万円、後遺障害はその程度に応じて75万円~4000万円、傷害については120万円と最高額が決められています。

自賠責保険では、保険期間中に複数回の事故を起こしても、その都度上記の金額を上限に保険金が支払われますので、それなりに手厚い内容なのではと思うかも知れません。

ただし、実際の損害額を計算していくと、自賠責保険で決められている金額では不足することが分かります。被害者が事故によって死亡した場合は、被害者が将来働いて得られたはずの収入が得られなくなるために、逸失利益として損害請求できるのですが、被害者が所得の高い方だと逸失利益だけでも自賠責保険の保険金額で賄えなくなるでしょう。

任意保険の賠償責任保険が無制限となっているのは、意味なくそのように設定されているわけではないということです。

交通事故は、人一倍安全運転を心がけている方にも降り掛かってくる災難です。これまで任意保険を付けずに無事故で通せてこられたとしても、明日以降はどうなるかわかりません。クルマの保険は相手方のために加入する保険ですが、自分自身を守るためにも欠かせないものなのです。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック