• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険のいちばんの違いは、自賠責保険では対人賠償しか補償されませんが、任意保険では対人賠償に加えて、対物賠償、そして自分自身や同乗者の死傷についての補償と自分のクルマの補償までカバーされていると言う点です。

自賠責保険の保険金額は、死亡3000万円、後遺障害は等級に応じて75万円~4000万円、傷害120万円となっていますが、事故によっては間違いなく不足するでしょう。自賠責保険は、被害者の救済を目的に、たしかに最低限の補償を担保してはいますが、それだけでは万全ではありません。

そのため任意保険は、自賠責保険で不足する補償をカバーするために、上積み保険として整備されています。クルマを公道で走行させる以上、最低でも相手方への補償を万全にすることは、社会的なモラルとして求められることです。クルマを運転する人が任意保険に加入しておくことは、社会人としての義務と考えても良いでしょう。

また自賠責保険でも、相手方に重大な過失があるときには保険金が支払われない場合もありますが、もともと被害者を救済する目的でつくられている保険ですから、被害者に大きな過失があった場合のみ、一定の割合で補償を減額するという扱いです。しかも自賠責保険は、示談交渉を自分で行わなければなりませんので(もしくは費用を負担して専門家に依頼する)、自分が受けた損害補填を確実なものにできない可能性が高くなります。

任意保険では、被害者の過失の割合に応じて、損害額から減額し算定しますので、保険会社も相手方の過失割合についてはシビアにみる傾向があります。また任意保険には、過失割合に関係なく被った損害を補償する保険も備えられています。

自動車事故を起こしたら、相手方への補償・救済を第一に考えなければなりませんが、自分自身を守る必要もあります。自賠責保険だけでは、その点でも心許ないと言わざるを得ません。自分自身の利益を厳密に守る意味でも、任意保険への加入は必要ということです。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック