• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

26歳から29歳の任意保険の相場と選び方

20代の後半は、26歳から29歳までがひとつの年齢区分となっています。この年齢条件での保険料の相場は、6万円台から8万円台といったところ。通勤利用で、料率クラス4のクルマを使っている方だと、保険会社によっては10万円近くになる方もいるでしょうが、ほとんどは10万円を超えることはありません。

安全運転でほとんど保険を使わないで通せてきた方のなかには、30代に入る前に10等級を超えてくる方もでてくるでしょう。この年齢区分で年払い保険料が10万円を超えるということは、運転初心者でなければ余計な補償をつけているか、相場より高めの任意保険を選んでいる可能性があります。

すでに10等級に達している方だと、料率クラス4のクルマを通勤利用で使っていても、保険料は8万円台にはおさまるかと思います。26歳から29歳の任意保険は保険料に差が出る年代ですので、過剰補償となっている場合は注意してください。

任意保険の補償内容では、傷害保険の付け方で悩むところかと思います。自動車任意保険の傷害保険は、人身傷害補償保険が主流となりつつありますが、補償範囲が広いだけあって保険料は高くなります。その点で、まだ独身の方であれば、人身傷害補償ではなく、従来型の搭乗者傷害を1000万円でセットしておくプランでも良いのではないでしょうか。無保険車傷害保険と自損事故保険は損害補償保険で自動セットされますので、搭乗者傷害と無保険車傷害、自損事故の3つで、自分と同乗者の傷害補償をしっかりカバーできます。

余裕があれば、あらゆるケースで保険金が支給される人身傷害補償保険が良いですが、見積もりが高いという場合は、補償範囲を理解した上で調整してみると良いでしょう。

また運転経験も長く、安全にクルマを乗りこなせる自信がついてきたら、車両保険は一般車両保険ではなく、エコノミー+限定Aでも良いでしょう。ぜひ色々工夫して、保険料の節約を図ってみてください。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック