• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

41歳から50歳の任意保険の相場と選び方

40代は、子どもが中・高校生となる家庭が多いことから、教育費などの子どもにかかるお金が増える時期です。したがって保険料などの支出の見直しにも、最も関心が高まる年代と言えます。

自動車任意保険の保険料は、前の年代とほとんど変わりませんが、安全運転を心がけていれば、保険料は着実に下がってくるはずです。なかには20等級に達する方もでてくるでしょう。

41歳から50歳の任意保険の選び方としては、運転に自信のある方なら、車両保険の補償を軽くして保険料をおさえること、そしてこれまで使ったことがない方は、通販型で割安な任意保険をさがしてみることもおすすめです。

通販型の自動車任意保険には41歳以上という年齢区分はありませんから、30歳以上か35歳以上補償という年齢区分になるわけですが、通販型の自動車保険は、やはり保険料は安くなる傾向がありますので、保険料の支出をコントロールする上で活用しない手はありません。

この年代のドライバーは、運転歴・路上経験が長いですから、運転に対して慎重であり事故を起こしにくいと言えます。通販型だからといって事故対応が手薄ということは全くありませんが、どちらかと言えば、手のかかるドライバーほど代理店型の自動車保険のほうが安心と言えるかも知れません。その意味では、なかなか事故を起こさないこの年代のドライバーこそ、通販型の自動車任意保険が使いこなしやすいと言えると思います。

通販型の自動車保険は、各社それぞれの特徴があってはじめは迷うかも知れませんが、評判の良いダイレクト損保はある程度固まってきています。どうしても迷ったら、ソニー損保などの、満足度調査でかならず上位にランキングされるダイレクト損保を選んでみると良いでしょう。
ただし通販型自動車保険には、大手損保系の車両保険に見られるような特約は少ないので、車自体の補償を充実させたい方には向きません。その点は注意してください。

なお41歳以上50歳以下という年齢区分の保険料は、30代の保険料と大きな違いはありません。年式や等級にもよりますが、10等級に達していれば料率クラス3のクルマで年間6万円台におさまるものも多いと思います。これが通販型であれば5万円台でおさまる見積もりも出てくるでしょう(もちろん年式・走行距離によっては、そのかぎりではありませんが……)。

なお年代的に、傷害保険を充実しておこうと考える方もいるでしょう。人身傷害補償保険の保険金額は、標準的なものだと3000万円ですが、充実補償を考えるなら5000万円とする方もいます。また人身傷害補償保険に、部位・症状別払の搭乗者傷害保険を抱き合わせでセットするプランも考えられます。
傷害保険の補償を厚くすると、車種・年式によっては、保険料はグーンと跳ね上がります。希望の予算内でおさまるかどうかは、一括見積もりサービスなどで確認してみてください。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック