• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

傷害保険特約について

傷害保険特約は、日常生活でのケガ全般を補償する特約のことです。

傷害保険特約の補償範囲は意外と幅広く、自宅で調理中に火傷をしてしまったとか、階段を踏み外して転倒してケガをしたといったケースはもちろんですが、通勤途中や旅行中のケガ、休日にスポーツをしている時にケガをしてしまった場合など、ケガを負った場合ならほとんどのケースでこの特約を使うことができます。特に奥さんがママさんバレーをしているとか、子どもが特定のスポーツチームで活動しているという場合は、役に立つ機会が多いかも知れないですね。

補償タイプは、被保険者本人だけを対象とする本人型、夫婦のみを対象とする夫婦補償型、同居家族全員を補償する家族補償型に大体分かれます。

自動車任意保険においては、搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険といった、おもにクルマに搭乗中の死傷を補償してくれる保険がありますが、任意保険に付帯される傷害保険特約は、契約車両に乗っていない場合でのケガの補償となりますので全く別物です。任意保険の特約でそこまでカバーすると、搭乗者傷害や人身傷害の補償範囲と重複してしまうからです。

ただし単独の損害保険として、保険会社から販売されている傷害保険は、搭乗中のケガもカバーされています。特約でつける傷害補償と主契約の傷害保険とは、こうした点で違いがでてきます。

傷害保険特約は、なかなか良い保険なのですが、結論としては、自動車任意保険では不要な特約と言えるでしょう。

クルマの任意保険に加入する目的は何かと言うと、いちばんは賠償責任や事故によるケガに対して確実な補償を持つことで、相手方が絡む場合は、その方にかかる損害を可能な限り最小に食い止め、自分自身については経済的な損失をできるだけ少なくするということにあります。
加入目的から遠い補償は、極力かぶせないことが、保険料のムダを省くための基本的な考え方であり、これは生命保険などにも共通することです。

それに傷害保険は、知らない間に加入していることがあります。たとえばクレジットカードに付帯されている傷害保険は旅行中のケガによる死傷に限定されますが立派な傷害保険です。また住宅を取得した際に契約する火災保険にも傷害保険特約が付いている場合がありますので、火災保険の契約を持っている方は一度確認してみると良いでしょう。

また傷害保険を得意としているのが掛金の低廉な共済ですが、ご主人は知らなくても奥様に確認してみると傷害共済にしっかり入られている場合があります。すでにつけているのなら、任意保険の特約で敢えて上乗せする必要はありません。

傷害保険は、保険会社が異なると、他の傷害保険・特約と保険金額を合算できるのですが、ひとつで間に合っているなら、そのぶんは積立などにまわしたほうがムダにならないのではないでしょうか。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック