• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

子供追加特約について

免許を取得したばかりの子供が親のクルマを運転する場合、年齢条件をいちばん若い子供の年齢条件に合わせて設定しなおさなければなりません。そのため、それまで30歳以上補償や35歳以上補償としてきた年齢条件は、保険料の高い、年齢条件無しや21歳以上補償、26歳以上補償などに変更することになるわけです。
子供追加特約は、このようなケースで有効な特約で、特約保険料を負担すればこれまでの年齢条件を変えずに、子供が運転した時の事故も補償されるというものです。

子供追加特約を使うには幾つかの条件があります。まず保険対象者が法人ではなく個人であること(自家用車である)、年齢条件がセットされていること(当たり前ですが、年齢条件がない契約でないことという意味です)、子供が所有するクルマでなく、且つ子供が運転することがメインのクルマでないことなどです。また子供であっても、別居している既婚の子供は対象となりませんし、保険会社によっては、未婚であっても婚姻歴がある場合は、対象外となる場合がありますので箇別に確認する必要があります。

子供が親のクルマを運転することはよくあることですから、該当する場合は、子供追加特約はぜひつけておきたい特約と言えます。
ただし残念なことに、子供追加特約が使える任意保険が少なくなっているのが実情です。大手損保系の任意保険やJA自動車共済などでは、まだ子供追加特約が使えますので、特に年齢条件による保険料の上昇幅が大きい25歳までの子供がいる場合は、一時的でも、子供追加特約に対応している自動車任意保険を選ぶようにしてみるのも良いでしょう。

なお子供が自分名義のクルマを運転する場合は、子供追加特約では対応出来ません。子供がまだ若いと、任意保険の保険料は親が負担してあげるところも多いでしょうから、何も調整しなければ、年間で20万円ほどの保険料を親が追加負担することになります。

そこでこの負担を少しでもおさえるために、親の等級を子供に引き継がせて(子供に等級を譲渡する)、自分は6等級で契約し直すという方法もあります。すでに高い等級に達しているのに、また振り出しからとなると、親の保険料は確かに高くなってしまいますが、子供の分の保険料が安くなる幅が大きくなるので、トータルの保険料は自分の等級を子供に譲渡してしまったほうが割安になります。

等級譲渡はどこの保険会社でも対応していますので、子どもがクルマを自己所有する場合は、この方法を検討してみると良いでしょう。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック