• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

臨時運転者特約について

任意保険に年齢条件をつけておくと、保険料が割安になりますので確かに良いのですが、困るのは保険対象とならない年齢の人にクルマの運転をお願いしたいような場合です。運悪く事故でもおこしてしまったら、この場合は任意保険が適用出来ませんので、大きな経済的損失を被ることにもなりかねません。

そこで友人や知人がクルマを運転する機会があると考えられる場合は、年齢制限なしで契約する必要があるのですが、臨時運転者特約をつけておけば、年齢条件から外れる友人や知人が運転でしても補償対象となりますので安心です。

ただし臨時運転者特約は、家族限定などの運転者特約をつけている場合は付加できません。つまり臨時運転者特約は、運転者限定がなくて年齢条件だけが設定されている任意保険の契約者で、自分よりも若い人に運転してもらう機会が想定される場合に検討する特約となります。

ただしよく考えると、年齢条件をつける方というのは、たいてい家族限定などの運転者限定をセットしているものです。なぜなら自家用車の年齢条件は家族の年齢に合わせてセットすることがほとんどだからです。任意保険の契約としては、家族限定にはしてあるけれど、年齢条件はつけていないという契約パターンのほうが多いはずです。

臨時運転者特約は便利な特約ではあるのですが、実際には、特約がセットできる条件で任意保険を契約している方は少ないと思います。

臨時運転者特約がおすすめできるのは、自家用車だけれど営業にも使っていて、後輩や部下に運転させることが多い営業マネージャーのような立場にある方、また一緒にレジャーを楽しむ友人・知人が多く、自分より年下の人に運転してもらう機会が多い方などです。
また結婚して独立している息子さんなどが帰省の際に代理運転することが常となっている場合は、家族限定や配偶者限定をつけないで、臨時運転者特約を活かすということも考えられます。

いずれにしても、はじめから不特定多数の人が運転することが想定されているけれど、自家用車なので、年齢条件だけはつけてあるという場合にこの特約は使えると言えるでしょう。

なお臨時運転者特約では、記名被保険者とその配偶者、同居の親族、記名被保険者の業務に従事中の使用人のほか、自動車修理業、駐車場業等の車関連業者も臨時運転者に含まれません。また運転者限定だけでなく、年齢条件をはじめから全年齢にしている場合も(当たり前ですが)この特約はつけられません。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック