• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

任意保険の保険料の相場

自動車の維持費は、自動車税と車検時に支払う自動車重量税、自賠責保険料、車検手数料のほか、メンテナンス費用、燃料関係の費用などがありますが、金額的に最も大きいものが任意保険の保険料です。

任意保険は、契約車両の車種や年式、ノンフリート等級、保険の補償内容など、さまざまな要件で、契約ごとに保険料はかなり違ってきます。また契約する保険会社が大手損保系などの代理店型かダイレクト損保系の通販型かによっても違ってきます。そのため保険料の相場を一律に示すことは、誤解を招きやすい面があります。まさに見積もりしてみなければ分からないというのが自動車の任意保険料ということです。

ただし標準的な保険料の目安がないわけではありません。

任意保険の基本的な補償内容は、対人・対物が無制限、これに傷害保険が、搭乗者傷害1000万円、人身傷害補償が3000万円、無保険車傷害が2億円、そして車両保険が一般車両保険で、免責を2回目以降に10万円をつけるといったところかと思います。この内容で、排気量2000ccのミニバンで試算すると、日常・レジャー利用なら、だいたい年額7万円台になるかと思います。月払いでは毎月6千円ほどの負担となり、このあたりが一般的な任意保険料の相場ではないでしょうか。

みんなが排気量2000ccの5ナンバーに乗っているということではありませんので、相場という言葉を使うのは適切ではないかも知れません。それでも一般的な大衆車を日常利用で乗っている方の感覚なら、このぐらいの保険料が頭に入っていると思います。

もちろん自分は通販型の任意保険にしているので、年間5万円で済んでいるという方もいることでしょうし、車両保険金額が500万円クラスのクルマなら、15万円ほどになっているかもしれません。つまり基準をどこに持っていくかでも、相場となる金額は変わっていくということです。

3ナンバーのオーナーなら、ここで示した保険料の相場は低いと思うかもしれません。また軽自動車に乗っている方からみると、そこまで掛かるのかといった感想を持つ方もいるでしょう。任意保険の保険料の相場とは、人によってそれほど捉え方が違ってくるということです。

その意味では、ナンバーの種類ごとにおおよその相場をつかんでみると、より正確な理解につながるのではないかと思います。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック