• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

3ナンバーの任意保険料の相場

3ナンバーは普通乗用車に分類され、5ナンバーの規定となる全長4.7m、幅1.7m、高さ2m、排気量2000ccを超えるものが3ナンバーとなります。ただし排気量が2000cc以下でも、外国車のように車幅が1.75mあるものは3ナンバーとなります(『MINI COOPER』などがそれにあたります)。つまり3ナンバー車でも、排気量が2000cc以下のものは自動車税が5ナンバーと同じとなるということです。
最近では国産車でも車幅が1.75というクルマがありますので、乗用車の税金はナンバーではなく、排気量や車両重量で変わってくると考えても良いでしょう。

3ナンバー(排気量2001cc~2500㏄)の自動車税は45000円で、5ナンバー(排気量1501cc~2000㏄)の方は39500円ですから、その違いはたいしたものではありません。また自賠責保険の金額も3ナンバーは5ナンバーと変わりませんので、あとは任意保険の保険料が、3ナンバーと5ナンバー車の違いになるわけです。

任意保険料の違いは車種によって大きな差がでますが、これは車両クラスで違ってくるということです。3ナンバーのクルマは車両クラスで5から8に多くみられますが、クラウンなら10等級で一般車両をつけても18万円ぐらい、車対車なら12万円ぐらいに収まる感じです。
トヨタの国産高級ブランドとしてすっかり定着した感じのレクサスになると、車両保険価格がクラウンのものを超えてきますので、一般車両をつけて10等級だと大体24万円、エコノミーにして15万円ぐらいが保険料の相場と言えると思います。
(あくまで、非常にざっくりとした比較ですが)

クラウンからみると、車両保険価格で200万円ほど下がるプリウスの場合、10等級で一般車両をつけて15万円程度、エコノミーだと10万円を少し超えるといったところです。
ちなみにクラウンと車両保険価格がほぼ同じフォルクスワーゲン・ゴルフの保険料は、クルマの盗難率の違いからクラウンよりほんの少しですが高めにでることが多いようです。

なお、任意保険の保険料を左右する車両クラスは毎年見直しされます。年ごとに大きな変動はないと思いますが、そのつど保険会社で確認するようにしたほうが良いでしょう。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック