• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

4ナンバー 任意保険の保険料相場

4ナンバーは小型貨物自動車に分類されるクルマで、商用車として使われることが多いわけですが、マツダのボンゴやトヨタのハイラックス(ハイラックスは現在製造中止となり、中古車が高値で取引されていたりしますが)など、個人使用で愛用している方もたくさんいます。バンなどの運送用に適した車や、貨物用に荷台などを加工した車が4ナンバー車だということですね。
商用車としてつくられている4ナンバー車は、内装が簡素で装備も最小限といったつくりが目立ちますが、ハイラックスクラスの4ナンバーになると、普通乗用車として十分楽しめるクルマです。

4ナンバーの魅力は色々あるのですが、税金が安くて済むことが最大のメリットとなるでしょう。そのため、5ナンバー車を改造申請し、4ナンバーとして登録する方も少なくありません。
その差はどのぐらい違うかというと、たとえば5ナンバーのワゴンだと、自動車税39500円、重量税18900円かかりますが、バンではそれぞれ16000円、8800円しかかかりません。4ナンバーは車検が1年毎になるのですが、ユーザー車検を使えばたいした負担にはならないでしょう。高い経済性と質実剛健なところが、4ナンバーの魅力と言えるのではないでしょうか。

小型貨物自動車である4ナンバーの任意保険は、基本的に商用車となりますので、年齢条件をつけられない契約になりますが、個人使用の4ナンバーであれば、今では大抵の保険会社で、普通自動車と同じ割引条件を設定できるようになっています。「4ナンバー車は年齢条件がつけられないので保険料が高くなる」と考えていた方もまだいるかも知れませんが、通販系の任意保険でも4ナンバーで年齢条件をつけられる会社が結構ありますので一度確認してみてください。

ただし細かく見ていくと、特約などで加入条件がついたり、保険料が高くなるものもあります。また車両保険は、今中古でも高い値段で取引されているハイラックスあたりになると、やや高めになります。保険料の相場としては、一般的な5ナンバー車と同等と考えて良いと思いますが、車種によっては意外に高くなることもあるということです。

なお自賠責については、4ナンバー車は1年ごとに契約しなければなりませんので、乗用自動車よりわずかですが割高になります。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック