• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

任意保険に安く加入するには?

任意保険は、クルマの維持費のなかで調整可能な経費です。放おっておけば何も変わりませんが、少しの工夫で現在払っている任意保険料を安くできる場合があります。

任意保険に安く加入するいちばん単純な方法は、車両保険を外してしまうことです。特に高いクルマに乗っている場合は、車両保険を外すだけで保険料はかなり下がるはずです。ただし高級車や人気の高いクルマは盗難率が高いですから、万一の損失を考えると保険料が高くても車両保険は外せないものです。
もちろん、高いクルマでなければ、車両保険をつけなくても良いということではありません。車両保険を外しても問題がないのは、ある程度乗り潰すぐらいの気持で乗っているクルマの場合です。

一定の補償をキープしながら車両保険を安くするには、契約をエコノミータイプにすることと免責をつけることです。保険料を少しでもおさえるなら、基本的なことですがこの2つしかありません。

それと任意保険加入以前のこととして、車両クラスの低いクルマを選ぶことも任意保険を安くするためのいちばんのコツです。クルマは、乗りたいクルマがあるから購入するわけですから、車両クラスを基準にクルマ選びはできないかも知れません。でも車両クラスに無頓着では、任意保険を安くすることはなかなかできないでしょう。乗ろうと考えているクルマがあるなら、2番目の候補と見積もり比較をして保険料の違いを見るようにすると良いでしょう。

また同じ車種でもタイプによって排気量(エンジンの大きさ)や重量が違うと、自動車税や重量税に違いがでる場合もあります。仕様に違いがある場合は、そのあたりも要チェックです。

あとは余計な特約はつけないこと、特に支障がなければ年齢条件をつけること、家族以外の人が運転することがないクルマには、家族限定か配偶者限定をつけておくことは基本です。また通販系の自動車任意保険は、保険料が割安になりますので、クルマ本体の補償を重視したい方以外は、通販系の任意保険との見積もり比較はしておいたほうが良いでしょう。

自動車任意保険は、等級の高いドライバー(=事故リスクの低いドライバー)を優遇するようにつくられています。等級が高くなれば基本の割引率も大きくなりますし、ゴールド免許割引が使えるようになると、保険料は更に安くなります。任意保険は万一の事故に備えて加入するわけですが、できるだけ保険を使わないでいること(安全運転を心がけること)が、長い目で見ると、いちばんの保険料節約術となるでしょう。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック