• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

軽自動車と普通車の保険料はどれくらい違う?

任意保険を安くする方法として、軽自動車を乗用することが有効であることを否定する人はいないでしょう。

軽自動車の任意保険料は、大体2万円台から4万円台でまとまると思います(年齢条件が20代前半の場合を除く)。標準的な普通車の任意保険がおおよそ7万円~8万円といったところですから(高級車ではなく一般大衆車で考えています)、軽自動の保険料は普通車の60%ぐらいに落ち着くと考えて良いでしょう。

ただし普通車と言っても色々ありますし、等級や年齢条件、契約する保険会社によっては軽並みの4万円台で見積もりが出る場合もありますので、そうしたケースを稀な例と考えての話です。実際日産のマーチで、排気量が1000ccクラスのモデルなら、保険料は4万円台で算出される場合もあります。

この保険料の違いは、そのクルマが9段階に分かれている車両クラスのどこに属するかで大きく変わってきます。標準的な普通車の任意保険がおおよそ7万円~8万円としたのは、車両クラスで言うとクラス4あたりのクルマを想定してのことです。同じ普通車でも高いクラスのものと比較すれば、その差は何倍にも開いてしまうこともあるでしょう。

軽自動車の任意保険が安くおさえられているのは、車両保険金額が低いということもありますが、もうひとつの理由として、軽自動車なら長距離走行をする機会が少ないだろうということから、事故リスクが低いと判定している面もあるようです。
ただし、最近の軽自動車は。性能や乗り心地が良くなっていますので、今では軽自動車で長距離運転する方は少なくはありません。また女性を中心に軽自動車を運転する方が増えていますから、軽自動車の事故率は以前にくらべて高くなっているのではないでしょうか。もしそうだとすれば、軽自動車の保険料は、今後少しずつ高くなっていくことが十分考えられます。

軽自動車は重量も軽く、ボディは決して丈夫なものではありませんので、衝突時にドライバーに及ぶインパクトは普通車以上ですから、事故に合って死亡する確率も高くなります。軽自動車を利用する方は増えていますが、事故を招かないように十分注意したいものです。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック