• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

任意保険が安い保険会社は何処?

自動車任意保険は、車種と年式などクルマの条件と、そのクルマの利用環境、保有しているノンフリート等級といったもので保険料はかなり違ってきます。同じ補償内容で見積もりしても、これらが違うと金額は変わってしまいますので、任意保険が安い保険会社を探すなら、保険料が安いと言われている保険会社を幾つかピックアップし、見積もり一括サイトで見積もり比較してみることがいちばんたしかです。

また年齢条件が変わる場合も、あらためて見積もり比較してみると、保険料の安い任意保険が見つかることがあります。ずっと使い続けている保険があるという方も、見積もり条件が変わる時は任意保険の見直しをしてみると良いでしょう。

では安い保険会社は何処か?これはもう周知のことですが、保険料の安さを重視して保険会社を選ぶ場合、大きくはダイレクト損保を中心に自動車任意保険を検討していくことになります。

このサイトをご覧になっている方はご存知のことかと思いますが、日本の損害保険会社は、自社の保険商品を保険代理店に販売させてそれぞれの契約を管理しています。しかし1996年に保険業法が改正され、各社一律の保険料を定めていた算定会料率の使用義務も98年に廃止されてから、外資の参入により、電話やインターネットを通じて保険ユーザーが保険会社から直接保険サービスを購入する直販型の保険が台頭し、代理店を使わない保険販売が広く認知されるようになりました。

通販の自動車保険は、保険代理店を使わない直販型ですから、さまざまな中間コストがカットできます。もちろん従来の代理店損保の自動車保険より、安価な保険料で保険サービスが提供されていることは現在もかわりません。

その上でダイレクト損保ごとのクセを知ることです。
たとえば長距離走行しない方なら、ソニー損保やチューリッヒが合っているとか、反対に走行距離が長い方ならSBI損保や三井ダイレクトで見積もりしてみるといったことです。

リスク細分の設定に個性がある保険会社もありますので、自分の利用環境に合わせて選ぶことが保険料を安くおさえるコツのひとつとなります。

■通販任意保険の人身傷害補償保険について

任意保険が安い保険会社を探すなら、ダイレクト損保系の任意保険を中心に見ていくのが良いわけですが、通販保険でも補償の付け方によっては、思っていたほど保険料が安く出て来ませんので注意しなければなりません。

これがいちばん顕著にでるのは人身傷害補償保険をセットした場合の見積もりです。

人身傷害補償保険は、搭乗中のケガなどを補償してくれる傷害保険のひとつです。この保険は、過失割合に関係なく、また示談交渉を待たずに、保険金額の範囲で算出された実損を補償してくれるという手厚い内容の保険で、数年前までは代理店型損保でしか扱いがありませんでした。

しかし通販保険へのニーズの多様化から、2009年から2010年にかけて人身傷害補償保険を扱える通販保険が一気に増加し、現在ではほとんどの通販の自動車任意保険において、これまでの搭乗者傷害保険に代わり、傷害保険のメイン補償となっています。

通販保険で人身傷害補償保険がセットできるようになったのは、安心を買えるという部分で歓迎できることなのですが、補償が手厚いぶん人身傷害補償保険の保険料は割高で、搭乗者傷害保険をつけていたころの見積もりとくらべると、「通販保険らしい」見積もり金額におさまらないこともでてきます。

車両保険もエコノミーにしているのに、思ったほど保険料が下がらないと感じた場合は、ケガの補償が人身傷害補償保険になっていることが原因である場合があります。通販でも人身傷害補償保険が使えるようになった今、ケガの補償はできれば人身傷害補償保険がおすすめですが、どうしても保険料をおさえたい場合は、搭乗者傷害保険に変更してみると、わりと落ち着いた保険料になるかと思います。

■代理店損保を検討する場合の注意点

代理店損保で見積もりをとると、基本的に通販の自動車保険よりは保険料が高くなりますが、特約をすべてカットして主契約だけでプランをつくると金額はそれほど膨らみません。補償の付け方によっては、通販とかわらないような見積もりになるので、任意保険はやはり代理店を通じて契約したいと言う方は、補償設定をいろいろいじってみると面白いと思います。

代理店損保は、同じ内容で見積もりしてみると、会社ごとの違いはそれほど強く出て来ません。

では選択の基準は何処かと言うと、金額ではなくて代理店の質にあります。ですから代理店損保の任意保険は、代理店選びで決まってしまうと考えたほうが良いかもしれません。

代理店損保で任意保険を検討する方は、商品内容や会社の体質も大事ですが、窓口となる代理店をどこにするのかということも考えてみることをおすすめします。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック