• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

そんぽ24の口コミと評判を徹底検証

そんぽ24は、2010年に誕生したNKSJグループの一員となった日本興亜損保の子会社として2004年から営業を開始しています。日本興亜損保は損保ジャパンと業務提携を果たし、NKSJグループができたわけですから、そんぽ24もNKSJグループの一員ということになります。

そんぽ24としての営業歴はまだ浅いですが、走行距離を反映させることで割安な保険料を実現する通販自動車任意保険として支持されています。また通販自動車保険は外資系損保が多いわけですが、そんぽ24は日本社を親会社とするダイレクト損保ということでの安心感もひとつの魅力となっています。とくに日本興亜損保の全国に広がるネットワークが活用出来る点は、そんぽ24の大きな武器と言えるでしょう。

そんぽ24の自動車保険は、見積もり時に予想走行距離を申請するようになっていて、4000km未満、4000km以上8000km未満、8000km以上12000km未満、12000km以上16000km未満、16000km以上の計5区分から選択するようになっています。もちろん走行距離が少ないドライバーほど保険料は割安となりますので、ソニーやチューリッヒなどと見積もり比較をしてみると面白いと思います。

そんぽ24の自動車保険は、対物賠償を無制限以外に、500万円・1000万円・2000万円・3000万円・5000万円とすることができます。保険料が割高になる20歳ぐらいまでの時期は、対物賠償の保険金額をおさえ目にして、保険料を少しでも調整してみるということも可能です。

なお年齢条件についてですが、2011年の6月から、30歳以上補償がなくなり、26歳から34歳までが26歳以上補償で一括りになりました。この変更によって30歳から30代前半までは、保険料が他社に比べて割高となる場合があるかも知れませんので、この点は見積もりの際に注意してみてください。

ただ、そんぽ24で見積もり金額を安くするポイントは、年間走行距離にあることは変わりありません。クルマを普段それほど走らせていない方は、一度見積もりを確認してみると良いのではないでしょうか。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック