• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

AIU保険の口コミと評判を徹底検証

AIU保険は外資系の損害保険会社として、1963年に日本法人が設立、支社が開設されたのは1946年のことですから、国内でも歴史のある損害保険会社です。

AIU保険自体が全く広告宣伝を行わないために、これまで知名度の点で恵まれませんでしたが、もともと保険会社としての実力は非常に高く、ようやくその真価が認知されるようになり、ここ数年は自動車任意保険の顧客満足度調査で、堂々の1位の座を勝ち取りそのポジションを堅持しています。

特に事故対応に関しては評価はきわめて高く、クルマの利用頻度が高いユーザーには、安心できる保険サービスを期待できる点でおすすめできる保険会社です。

AIUの特徴は専業代理店制度を採用している点にあります。国内の保険代理店は基本的に兼業代理店であり、複数の保険会社の保険商品を、一代理店が一手に担えるスタイルをとっています。それがAIUの場合は、自社で教育した専任のエージェントしかAIUの保険を扱えないようになっているのです。そしてAIUエージェンシーには高いコンサルティング力が求められ、それに応じた育成・教育が行なわれています。そうして独立したプロ代理店が、徹底した顧客中心主義をベースとしたコンサルティング営業を展開しているのがAIUの専業代理店制度というわけです。

生命保険では、比較的近い営業スタイルをとっている企業にプルデンシャル生命やソニー生命がありますが、損害保険ではAIU保険がまさにそうした飛び抜けた存在ということです。

ただしAIUの場合、インターネット見積もりといった機能がありません。すべての保険プランは基本的に顧客と専任代理店との綿密な打ち合わせによって設計されますので、ある程度時間に余裕を持って検討する必要がでてきます。

補償の付け方に関しては細かい設定ができますので、保険料をおさえながら必要な補償を無駄なくつけることができますが、AIU保険の場合、専任代理店の人的サービスのウェイトが大きいので、保険料は割高に感じる方もいると思います。高い人的サービスやコンサルティングを求めていないというなら、候補から外しておいたほうが良いかも知れません。

なおAIU保険の自動車任意保険では年齢条件が細分化されていますが、これは最近の大手損保の流れを汲むものではなく、事故リスクを正しく反映するためにAIUが以前からとっていたリスク細分化の設定によるものです。

レッカーサービスは、AIUの指定の修理工場を使う場合は距離無制限、ユーザー指定の入庫先を使用する場合は50kmまで無料としています。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック