• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

共栄火災の口コミと評判を徹底検証

共栄火災はJAグループと強いつながりを持つ中堅損害保険会社です。もともと、農山漁村への保険普及を目的に事業がスタートしていることから、現在でも保険加入者の多くが農林畜産業の従事している方が中心となっています。この分野ではJA自体も共済の募集活動を行なっていますが、一般的な認知度はJA共済のほうが高いかも知れません。

JA共済で自動車任意保険を検討する方は、JA会員以外の方にもみられますので、機会があれば共栄火災の任意保険も確認してみると良いでしょう。

共栄火災の自動車任意保険は、「KAPくるまる」という総合自動車保険が個人向けとして用意されています。

この自動車保険は最長3年の長期契約が可能で、長期契約を選択すると1年毎に更新するよりも保険料は割安となります。また長期契約をすると、保険期間中に事故をおこして保険を使用しても、契約期間中は等級が下がりませんので、保険料が据え置かれるという利点があります。

また共栄火災の「KAPくるまる」は運転者限定が、本人・配偶者限定と家族限定の2種類になりますが「こども特約」をつけることで、基本の年齢条件とは別に、同居の子供の年齢制限が設定できます。この特約が使えると、免許を取得したばかりの子供が親のクルマを運転する場合に、年齢条件を子供の年齢条件に設定し直さなくて済みますので、保険料の上昇をおさえることができます。

「こども特約」は「子供追加特約」として他の保険でつけられるところがありますが、かなり限られてきます。子供が運転するようになり保険料が高くなるような際は、共栄火災の自動車任意保険で「子供追加特約」が使えることを覚えておくと良いでしょう。

なお共栄火災の年齢条件は、35歳以上補償がいちばん上の年齢条件となりますので、今のところ年齢条件の細分化は行なわれていません。今後はシニアドライバー向けの細分化設定となるかも知れませんが、現時点では60歳以上のドライバーでも、割安な保険料で任意保険をつけることができることになります。

平均的な自動車任意保険ですが、ロードサービスはなかなか充実した内容で、緊急レッカーサービスは50km以内を無料としています。

見積もりは大手損保に比べると割安に感じられます。中堅損保の代理店型の保険を考えている方は、一括見積もりで比較してみてはいかがでしょうか。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック