• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

保険会社が替わると等級はどうなる?

任意保険を見直しした結果、ずっと利用してきた保険会社から、あらたな保険会社に移行する時に気になるのが、これまで積み上げてきた等級がきちんと引き継がれるかということでしょう。でもこの点は心配ありません。特殊な車種に乗り換えるということでもなければ、乗り換え先が代理店型損保でも通販型損保でも等級は継承され、1年間無事故で保険を使うことがなければ、移行先では1等級アップして引き継がれます。これは損保から共済に移行しても同じです。

それとノンフリート等級は、最高20等級までですが、損保・共済によっては22等級が最上位となっている場合があります。現在22等級の方が、最高位が20等級までの保険会社に替わる場合は、20等級で引き継がれます。

では前年に事故をおこして保険を使った場合はどうかというと、これはルール通り3ランクダウンした等級で引き継がれます。等級が5等級以下の方は、保険会社が替わることで再度6等級から再スタートできれば嬉しいかも知れませんが、事故をおこして保険を使った記録は13ヶ月間残りますので、それは出来ません。

無事故申告して新しい保険会社で契約しても、数ヶ月もすると以前契約していた保険会社からの情報開示によって等級ダウンの事実がかならず発覚します。そうなるともちろん等級ダウンとなり、追加の保険料を払わなければなりません。不正申告をするドライバーは今後他の保険会社からも引受けを拒否されかねませんので、更新時の申請内容はルール通り行うようにしてください。

また万一更新をし忘れたら、等級はどうなるのかも心配です。他社へ乗り換えは満期日をすぎても7日以内なら、これまでの等級は生かされますが、それを1日でも過ぎてしまうと、たとえば16等級に達していても6等級から再スタートとなります。これは基本的に同じ損保で継続更新する場合でも同様です。保険会社によっては、更新漏れによる損失をなくすために自動更新するサービスもありますから、相談すれば対応してくれるかもしれませんが、基本は7日までがタイムリミットだという認識でいてください。

ただし更新忘れの場合でも、5等級以下のドライバーは、6等級に返り咲きできず、新たに契約する場合もダウンした等級からのスタートとなります。

なおクルマを手放したとか、海外赴任する関係でクルマがいらなくなったといった場合は、中断証明を申請して証明証を発行してもらうと、新たにクルマを買った際に、中断した時点での等級を継承できます。中断証明の有効期限は10年間となっていますが、このあたりの取り決めは現在加入している保険会社に確認してみるようにしてください。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック