• トップページ
  • 任意保険を安くする5つの方法
  • 任意保険の保険料の相場
  • 任意保険に安く加入するには?
  • 掛け金はいくらがベスト?
  • 任意保険に必要な保証内容

保険会社が倒産したら?

任意保険を契約している保険会社が倒産したら、保険契約や保険金の支払はどうなるのか? 皆さんは考えてみたことがあるでしょうか。

保険会社が万一倒産してしまった場合、その会社の保険契約者は、損害保険契約者保護機構の補償を受けることになります。

損害保険契約者保護機構の補償によって、保険会社が破綻しても3ヶ月間は保険金が全額補償されることになります。そして3ヶ月を過ぎると保険金額の80%までが補償されるようになっています。なお解約返戻金・満期返戻金などは、保険会社が破綻するとその時点から80%補償となります。ただし自動車任意保険は掛け捨て保険ですから、保険会社破綻による積立金等の損失は基本的に発生しないと考えて良いでしょう。

また保険会社が破綻すると、機構がこの保険会社の契約を引き継ぐ救済保険会社を探すことになります。救済保険会社が確定すると破綻保険会社の契約はすべて救済保険会社に移行されるわけですが、その場合も保険金の補償は、引き続き機構で行なっていきます。また救済会社があらわれなかった場合は、破綻会社の保険契約はすべて機構に移行されることになります。

なお、損害保険契約者保護機構は全面的に契約者の保険金や解約返戻金保全を行いますが、保険料の算定基礎となっている予定利率が変更される場合があり、その際は定められている補償割合を下回って保険金や解約返戻金が支払われる場合もあるということです。このことは自動車保険以外の火災保険や傷害保険にも当てはまり、また生命保険においても同様の考え方がしかれています。

この内容からすると、場合によっては保険金額が契約者の予想を大きく下回る可能性もあるということも示唆しているとも受け取れますので、保険ユーザーは、日頃から保険会社の経営状態に関心を持つことが求められているとも言えるでしょう。

幸い損害保険分野は短期更新の商品が多いですし、自動車任意保険は、長期契約をしない限り、毎年見直しできます。保険会社の健全性を示すソルベンシー・マージン比率や外部格付け会社の評価データは、インターネットを通じて広く公開されていますので、更新の際はこれらの情報を確認することも必要かと思います。

いざという時に保険金が下回る可能性があるとしても、自動車保険をやめることは出来ません。自動車事故による損害額は、生命保険とは違い、一個人の貯蓄などでカバーできるものではないからです。
クルマに乗る限り、自動車保険は、ドライバーにとってもその家族にとってもかなり重要な保険ですから、保険会社の経営状態もしっかりとチェックした上で選ぶ必要があるでしょう。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

ズバット自動車保険

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

私は、普段ほとんど車に乗らないペーパードライバーのため、現在はゴールド免許ですからこの保険料で収まっておりますが、過去に事故を起こしてしまった方は、もっと高額な保険料を払っていると思います。

なんとか保険料が安くならないかと思い、色々調べた結果、私はズバット自動車保険という一括見積もりサイトを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

私がどのようにして、保険料を半額にしたのかは、体験談にまとめておりますので、興味がある方はご覧になってみてください。

>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック